ごぼう茶

ごぼう茶

数年前にテレビ放送で、飲めば若返ると紹介されて以来、現在も爆発的に人気の「ごぼう茶」。

 

ごぼうはもともと薬草として中国から渡来してきました。
日本では野菜として普通に食べていますよね。
しかし、世界中でごぼうを食べている国は、日本と韓国だけなんだそうです。

 

ごぼうはご存じのとおり、食物繊維の宝庫といってもいい食材。
食べるだけで、便秘を解消、腸内のデトックスをしてくれます。
また、成分のイヌリンとカリウムが小腸から糖の吸収をおくらせ、肥満の改善に役立ちます。

 

 

また、大腸内の老廃物や毒素を食物繊維の働きにより排出させるため、大腸ガンの予防にもなります。
さらにアルギニンが新陳代謝を促進、風邪予防にもなるとか。

 

ごぼうが体にいいことはわかっていても、なかなか毎日食べ続けるということは難しいですよね。
そういう意味でも、お茶にして成分を毎日摂取するというのはとってもいい方法ですよね。

 

ごぼう茶は比較的安価で手に入ります。
また、自宅で簡単に手作りすることができるんです。

 

ごぼう茶の作り方・・・

 

ごぼう 約2本(600g)

 

@ごぼうの汚れをたわしで水洗いする
Aスライサーで皮のままそぎ切りする
B半日ほど天日干し
Cカラカラになった薄切りごぼうをフライパンで10分炒る

 

以上です。

 

皮をしっかり乾燥させることでサポニンが凝縮されるため、天日干しはしっかりと行いましょう。

 

味はごぼうの味・・・麦茶に似た味もあり、意外と飲みやすいと評判です。

 

 

ごぼう茶の口コミ評価

 

・思ったより飲みやすくおいしい。
・体が温まる
・一日に何回もガスが出て恥ずかしい

 

夏場は冷たくして飲んでも抵抗がなくぐいぐい飲めるようですよ。